令和時代から始まる・・・

待望の新時代「令和」の新しい情報を更新

若返りの夢が実現?レディース有吉の「テロメア」について

人類が見果てぬ永遠の夢と言ったら何があるだろうか?

タイムマシーン・・・あらゆる病気が治せる万能薬・・・そして不老不死・・・

少しグレードを下げれば身長を伸ばすとか痩せるとか毛を生やすとか・・・

 

 

ちなみに身長を伸ばすとか痩せるとか毛を生やすとかはもう実現しかけてる

特にダイエットのサプリに関してはアメリカでは既に完成レベルのものがある

当然日本じゃそんなもん禁止だけどアメリカならネットで購入ができる

 

 

だが不老不死や万能薬やタイムマシーンとなるとさすがに・・・と思うのが自然だ

しかし不老不死に関しては決して「夢物語」ではないレベルまで科学は進化しつつある

今世紀中には実現する可能性もあると言われている

 

 

それは再生医療分野の進歩が大きいわけだ

番組内でジャガー横田が受けた幹細胞治療もその1つ

あれは治療前がすっぴんで治療後がメイク加工しただけじゃないかと思えたが

あとは光の当て方が全然違うし・・・

 

 

だが芸能人が皆若いのも幹細胞治療を受けていることもあるんじゃないかなとは思う

さらに言えば芸能人がほとんどハゲないのも何かしらやってるんだろうなと思うし

ヅラ(ウィッグ)も進化してるからそっちかもしれないけど

 

 

そして本題のテロメア遺伝子治療である

これ2年前だったかNHKクローズアップ現代でも特集されてたよね

実現すればマジで「若返り」が実現できる夢の技術だ

 

アンチエイジング」なんてもんじゃない

あれは老化を「遅らせる」だけのこと

老化を「止める」ことすらできない

 

 

テロメア遺伝子治療は文字通り肉体を若返らせるわけだ

つまり・・・老化を「止める」を上回り老化を「逆行」させることができる

肉体の時計の針を逆に回すことができてしまう

こんなもんが実現したらそりゃすごいことになる

 

 

「経験」ほど人間にとって大きな財産はない

様々な経験を積むことで人間は成熟し見識が深くなる

あらゆることにも余裕をもって立ち回りできるようになる

 

 

だが経験を積めば積むほど肉体は老化していくのは自然の摂理だ

経験値はどんどん高まるが脳と体力はどんどん衰える

だが「テロメア」が実現すれば豊富な「人生経験に豊富なのに体は若者」という完璧な人間が誕生する

 

 

これは言わばちょっとしたスーパーマン

プロスポーツの世界に置き換えて考えるだけでもどれだけすごいことかわかる

そんな選手が現れたら史上最高どころじゃないスーパースターになれるだろう

 

 

プロスポーツの世界もやはり経験はとても重要だ

だが十分な経験に満ちたころには肉体は衰えてしまう

頭で思い描く理想のプレーはわかっているけど体がついていかない

 

 

そうして皆引退する

先日のイチローだって永遠にプレーしてるかのように思えた選手だったが引退した

以前某サッカー選手(決して名選手レベルではない)が引退後に「今の経験を持ったまま20才に戻れたら僕はスーパースターになれるよ」と言っていたのを思い出す

 

 

しかしこれが実現したらしたで今度は人口(出産)制限が必要になるだろう

1人の人間が生きる期間が今よりずっと長くなるかもしれない

亀仙人鶴仙人みたいな人間がゴロゴロ出てくるんだろうか?

 

 

それどころか本当にこの夢の新技術が「不老不死」レベルになれば「死なない」人間まで次々出てくる

そうなりゃ人口爆発レベルの話じゃあない

この新技術がどの程度の費用に落ち着くかだが少なくとも「保険適用」は簡単じゃない

 

 

だが少子高齢化問題も悩まなくて良くなるのかもしれない

でも「子供」がいない「青年(若者)」だけの世界になってしまうのも良いのか悪いのかわからない・・・

極めて生産性の高い社会・・・にはなるだろうがなんだかとても寂しいような・・・

 

 

それはともかくこのテロメア遺伝子治療の現実味である

番組内ではまず3年半前にこの遺伝子治療を受けたエリザべス・パリッシュが登場

彼女は45才でこの治療を受け現在48才とのこと

 

 

しかし・・・

確かに若干は若返っているように見えるが驚くほど「えー?若~い!」というほどじゃあないしスタジオの有吉や指原やゆうこりんも大したリアクションではなかったのがそれを物語っている

 

 

この「テロメア」の治療(厳密には「テロメラーゼ」を活性化させる行為)はがん細胞を活発化させる深刻なリスクがあるから先進国では動物実験すら行われていないもので、普通は治療を受けることができないわけだが、彼女はわざわざ規制のないコロンビアまで行って1億払って5時間もかけてこの治療を受けたそうな

 

 

何もしていないのに筋肉が発達したと言って力コブを作るがそれもただ腕に力を入れてるだけにしか見えず・・・

ただ女性にしては筋肉ある方なのかもしれないし、さらに言えば白人女性の48才としては若い部類なのかもしれないからそう考えると若返ったとも言えるような・・・

 

 

日本人だとアラフィフでも天海祐希とか石田ゆり子とかそしてやっぱり松田聖子とか

30代と言われてもわからないくらい若い女性が多い(聖子なんて“20代”でも・・・)

メイク抜きにしても日本人は白人に比べて老けにくいというのは確かにある

 

 

逆にハリウッド女優は40過ぎてしまうと一気に老けてしまうことばかりだ

この「テロメア」が実用レベルまで進化しているなら当然手を出しているはず

それをしていないということはやはり実用レベルじゃないか様々なリスクが高すぎるということではないのか?

 

 

エリザベスは現在は身体には何も問題はないどころか胃腸も肝臓も調子よくなったと言っている

このまま彼女が今後も若返り続けてそして健康なままでいられるならこの技術も世界中から注目を集めるかもしれないがあくまで「1例」でしかない

 

 

それと3年半経過してこの程度の判別つかない程度の若返りでは1億払ってガンのリスクを覚悟の「命がけの決断」をしたわりに大した効果でもないようにも思えた

若返るのに随分時間かかるんだなと

 

 

それでも少しずつ確実に若返っているなら時間かかったって最終的にはめちゃくちゃ若くなれるわけだけど

それこそ「少女」レベルまで若返られるのか・・・そもそも若返りがずっと止まらず進み続けるんじゃ最終的にはコナンみたいになって最後は赤ちゃんにまで戻るのか?

 

 

あれやこれやと様々な謎や複雑な思いはあるがそれよか問題は次に登場した女性だ

まずこのテロメアを伸長する酵素テロメラーゼを発見しノーベル賞を受けたエリザベス・H・ブラックバーンという超優秀な女性生物学者が存在する

 

先ほどのエリザべス・パリッシュとファーストネームが名前なのは偶然か?

それはともかくこのブラックバーン名誉教授と同じカリフォルニア大学サンフランシスコ校の精神医学科教授である「エリッサ・エベル」という女性・・・これが問題である

 

 

彼女はブラックバーン教授とタッグを組んで危険なテロメア治療ではなく、瞑想やら食事やら思考法など各種生活習慣でテロメアを伸ばし若返るというどっちかってと東洋医学寄りの発想で様々な書籍を出しそれが売れまくってる「テロメアの第一人者」的人物とのことなんだが・・・

 

その彼女は現在51才ということで、ご丁寧に最初は顔を隠して登場してそこでわざとらしく「え~!」とか驚愕している指原莉乃がカットインしてCMまたぎという相変わらずのテレビ業界らしくいやらしいイライラさせるやり方で引っ張って、CM後にその「ご尊顔」が映されたわけだが・・・

 

 

・・・全然若くない・・・

これが率直な印象だし顔もそうだが首や手にモロに年齢が出てしまっている

というか51才ならもっと若いだろと思ったほどだ

つまり“51才としても老けている”というのが正直な感想である

 

 

白人女性ならそんなもんなのかもしれない

日本人の感覚で判断してはダメなのもわかる

だが仮にも「若返り」の第一人者と称される人間がこれでは・・・

 

 

吉田アナの食生活をあれこれ上から目線でダメ出ししてたけど吉田アナが51才になる頃は絶対このセンセイより若々しいだろうし、ゆうこりんが51才になる頃には今の松田聖子状態じゃないだろうか・・・?

そんなゆうこりん赤いスイートピーとか言ってる場合じゃあないのである!

 

 

エリッサ先生が言うにはマインドフルネス瞑想とか添加物を摂取しないとかシュガーカット(砂糖を極力摂取しない)とか地中海食とか・・・それくらいちょっと健康意識が高い人間なら誰でも知ってるしそれくらいの情報なら書籍やネット上に履いて捨てるほど転がってることであり何も真新しい情報などなかった・・・

 

 

なのにご丁寧にCMまたぎで大仰に登場させたこの番組のナレーターは彼女を絶賛する

「51才とは思えない美しい肌」とかなんとか全く共感できない言葉をつらつらと・・・

そもそもCM前の指原の「え~!」はなんだったんだ?

この時は有吉も指原もゆうこりんもほぼ沈黙・・・そりゃそうだ

 

 

やはり若返りとかのレベルになると西洋医学ど真ん中のジャンルって感じだ

東洋医学とかアーユルヴェーダ的な考えでは実現は難しいだろうなというのはわかる

もう「科学」の領域の技術なんだから

時計を逆に回すというある意味「神」の領域に踏み込んだ技術である

 

 

ただ東洋医学分野でも冬虫夏草というものがある

これから若返りの薬を作れるんじゃないかと研究している一派が中国にいるのは事実

これはちょっと面白いんじゃないかと思った

 

 

1990年代から2000年代前半にかけてオリンピックで中国代表の各競技の選手が飛躍的成長を遂げたのも「冬虫夏草ドリンク」を飲んだことで身体能力をUPさせたと言われている・・・

中国らしく密かに着々と研究を進めているのかもしれない

 

 

そういえば2年前にドイツ人のマノシュという45歳の女優がシベリアの永久凍土から発見された350万年前のバクテリアバチルスF」を自らに注射して若返りを目指しているというニュースを見たことがある

 

 

あぁあったこの動画の女優だ↓

www.youtube.com

 

確かに彼女は先ほどのエリザベスと違って45才とは思えないほど老けてしまっている

YOTUBEのコメント欄もほとんどが「60才以上に見える」という意見ばかりだ

それも英語での書き込みしかないから英語圏の人間の感覚で「60才に見える」と

見た目がいつまでも若い日本人の感覚なら尚更そう思うだろう

 

 

エリザベスは白人女性の45才なら寧ろ良い方じゃないかというくらいだったが

敢えて個人名は出さないけどハリウッド女優は40過ぎるともっと酷い事になってるし

ファンだったからショックだった女優もいるし金めちゃくちゃあるセレブなのにアンチエイジングに金かけてないのかなと不思議に思ったほどだ

 

 

ちなみにこの「バチルスF」というバクテリアの細胞は「全く老化がない」ことをロシアの研究チームが発見したようで、彼女は危険だから止めた方が良いという医師の静止を跳ねのけてまで自らの静脈に注射しちまったそうである

 

 

自分を「人体実験用のラット」だと自称するほど徹底している

「長期に使っていたら、どんな影響があるかはまだ誰も知らない。でも虎穴に入らずんば、虎子を得ずでしょ」と発言もしている

ガンのリスクを承知でテロメア遺伝子治療を受けたエリザベスと同じ覚悟なんだろう

 

 「わたしの肌は、赤ちゃんのお尻のようにすべすべよ」マノシュはテレビで語ってる「写真ではわからないと思うけど、直に見たらしみもしわもないのがわかるの。こんないい気分になったことはないわ。こんなにぐっすり、ちゃんと眠れたこともなかったし」と先ほどのナレーター並の「過大絶賛」ぶりだが・・・

 

 

その後どうなったのか全く報じられてないからわからない

最近のYOUTUBEのコメント欄を見ても英語圏の人間でも現状が不明なようだ

ドイツに日本人の友達がいるがそのニュースの事を「全く知らない」と一蹴された

だから全くその後がわからない・・・

 

 

ただこれは「老化がない」というだけで「若返らせる」とは違う

趣旨としてはテロメア(テロメラーゼ)治療幹細胞治療と比べると魅力がないとも言えるが・・・

 

 

マノシュがテロメア治療の事を知ったらコロンビアまで行って受けたいと願うだろう

だがその治療費は日本円で1億円以上するらしい

既にこのバチルスFに相当な金を使ってしまった後にそこまでできるんだろうか?

 

 

整形や豊胸もそうだけど女性の美に対する執着は本当にすさまじいものがある

エリザベスといいマノシュといい身体の危険なんて気にせず突っ走っちまってる

どちらも共に45才の時に思い立っているのも何かの偶然なんだろうか?

俺もあと3年もしないうちに45才になるわけで「何か」思うんだろうか?

 

 

不老不死はともかく「永遠の若さ」に憧れない人間など確かにいないだろう

「早く老けたい」なんて考える人間がいるわきゃないんだから

だが命の危険を背負ってまで追い求めるものなのかはわからない

 

 

そもそもこのテロメア(テロメラーゼ)治療バチルスFの注射は効果があるのかどうかが現時点ではまだとても信頼できるものじゃないように思える

現時点ではまだ過度な期待は禁物というところか?

 

 

そういえば現在のテロメアの医学的な意味の第一人者はアメリカ・ジョージア大学のビル・アンドリュース博士で現在67才であるがこの方も「若返り」が全く見られず年相応

なのにテロメラーゼ誘導活性化物質「TAM」を配合したという1つ15万円の若返りサプリやら1つ17万円の若返りクリームを日本でも売っている・・・

 

 

ちなみにテロメラーゼのサプリもアメリカじゃ普通に市販されている

それどころかAmazonやiHerbでも普通に売られているから日本でも買える

Amazonのものは大した効果のない粗悪品のようだし、iHerb等アメリカ国内で販売されているのも「若返りたい」という願望につけこんだ粗悪品レベルがほとんどのようだ

 

 

幹細胞治療だって今回ジャガーが受けた若返りだけでなく豊胸とか視力回復とか歯の再生とか癌や認知症や糖尿病など難治性病の治癒とかいろんな目的で実施されている

だが安全性がしっかり確認されているわけでもないようで、トラブルや事故もあるようで先進国のほとんどで禁止されているようである

 

 

今回のジャガーの治療も120万円を要する

庶民にはなかなか「はいそうですか」と出せる金額でもない

やはり富裕層だけに許された贅沢なのかもしれない

 

 

今後貧富の格差はどんどん拡大するわけで金持ちは富だけでなく「若さ」や「永遠の命」まで得られるようになるんだろうか?

 テロメア再生医療技術が実用化レベルになっても相応な金は求められるだろう

貧民はそれを享受できないで終わってしまうんだろうか・・・?

 

 

そういえば「バチルスF」のロシアでも再生医療研究はお盛んなようで

1回200万円で2~30歳若返るという点滴があるらしい

これは10~20代の若いロシア人ドナーの幹細胞を体内に取り込むことで実現しているらしいが薄毛や病気まで治ってしまっているとのことで・・・確かにすごいけど・・・

 

 

アメリカじゃ若返りとはちょっとズレるけど「顔面移植手術(顔の皮膚をマスクみたいに移植しておっかぶせる手術)」なんてものも既に実施されていて、10例に迫る成功例だということで、当然問題になるドナー不足を人工皮膚等でクリアできたら整形手術より「顔面移植」が流行る時代がくるのかも・・・?

 

 

かつては始皇帝楊貴妃も切望した「不老不死」というものの魔力

始皇帝は水銀を飲み楊貴妃は若き処女の生き血の風呂に入り続けた

どちらもおぞましい話である

しかしそれほどに人間を狂わせるものなのかもしれない

 

 

20才過ぎれば誰だって若返りたい願望はあるだろうし、いつまでも若くいたいだろう

理想を言えば今の知識・記憶を持ったまま小学生の頃の自分に戻れたら何でもできる

だがそんなことは仮にタイムマシーンが発明されても無理なことだ

過去には戻れても過去の自分には戻れないんだから

 

 

だが「若返り」が実現すれば過去の自分には戻れなくても現時点の知識・経験を有したままその当時の肉体まで若返ることは可能ではある

まさにマンガのReLIFEやコナンみたいな話だが・・・

それはそれですごいことである(あ、ReLIFEは見た目だけが若返るだけだった)

 

 

令和という新時代になって平成までの旧時代では信じられなかった技術が実現しようとしている

既に寿命を500歳まで伸ばす研究すら行われていて、亀仙人どころか占いババやカリン様みたいな寿命を誇る人間が誕生するのかもしれない

 

 

だがドラゴンボールでもない限りタイムマシーンを発明しても過去の自分には戻れない

タイムマシーンですら発明の可能性は0%ではないと言われている

だが過去の自分に今の知識・経験を持ったまま戻るなどどんなに科学が進歩しても100%無理なのかもしれない

 

 

誰にでもやり直したい過去の痛恨の失敗はあるわけでそれをやり直すこともできない

やはり「人生は一度きり」というのが現時点での認識だ

それがあるから「今、この一瞬を悔いのないように生きる」という言葉もあるわけだ

 

 

その認識すら覆す時代が到来するんだろうか?

目もくらむような科学の進歩である

だが不老不死になっても南海トラフ地震とか核戦争とか地球温暖化の進行とかカルデラ破局噴火とか巨大隕石の衝突とかで結局・・・なんてことになるんじゃ意味もない

 

 

この「不老不死」の研究を最も熱心に進めているのがアメリカ・中国・ロシアという三大大国であり、その三大大国こそ世界を破滅に導くレベルの核戦争を招く核兵力を有しているのもなんとも皮肉なもんだ

 

 

若返りや不老不死以外にもいろいろ問題が山積なのがこの地球という星なわけで

若返りが実現できるのかどうかというほどまで科学が進んでも地震の予知は未だ不可能とはどういうことか・・・

そういや鉄腕アトムも2003年の設定だったがもうとっくに過ぎても未だ実現できてない

 

 

奇しくも「TSUBURAYA・GALAXY」でウルトラQの第19話「2020年の挑戦」を見て、2020年には寿命が500年まで伸びたが老化までは止められなかった未来の異星人が地球侵略してくるというストーリーを最近見てこの技術の事を思い出した

その未来の異星人は2020年の地球人だという裏設定もあるとか・・・

 

そのストーリーに関しては↓でこってりと語ってるから興味あるなら見てもいいよ?

reiwainfo.hatenablog.com

 

↑この記事内でも少し触れたがテロメラーゼだとか幹細胞治療どうこう以前に既に近年の人間(日本人)は少なくともアンチエイジング(老化を遅らせる)ことは自然と成功してるんじゃないかと思うんだよね

 

この記事内で言及しているが1965年当時35歳の小林昭二と2019年4月時点で35歳の中丸雄一(KAT-TUN)が同じ35歳なのに見た目が親子ほど違いがあるように見えるのが象徴的であってね

 

そういやゆうこりんも2019年4月時点で35歳だがあの若さ

18歳と言われても通るレベルじゃないのか

芸能人はさすがにメンテナンスに金かけてたりメイクの効果もあるから一概に言えないけど、一般の35歳もやっぱり総じてかなり若い

 

オレが20代の頃と今の20代でも全然違うなって思うし

 

オレが20代の頃の同世代はもっと老けてたしオレの世代と下の世代の間ですら老化の違いを感じるくらいだ

 

オレの世代と中丸ゆっちやゆうこりん世代との間(7歳差)でもやっぱ違うと思う

 

これって何なんだろうね

 

女性ならメイクの進化とかあるだろうけど男の場合はあまりそれは関係ない

 

美容を意識してお肌のお手入れを若いうちから心掛ける「乙女男子(通称オトメン)」が増えたってことか?

 

このオレなんざお肌のお手入れなんてもん生まれて42年一度たりともしたこたねーよ(笑)

 

さすがにそこまでしてないとは思うが世代が下がるごとに明らかに老けるペースが遅くなっているのはなぜなんだろうなと思った事はある

 

育った時代環境によるのかな?

 

喫煙率の有無とか不良やヤンキーの多さの違いとか

 

オレの世代はギリギリ「ツッパリ」とかやってた最後の世代だろうからな

 

中学くらいまではまだリーゼントとかボンタンだとかあった時代で「強さ」が全てみたいな世界だった

 

高校くらいからそろそろそーゆーのダサいみたいな風潮になってきたけどそれも地域差があったから地方だとまだツッパリハイスクール全開バリバリ状態だったし

 

そーゆー弱肉強食の時代を経験したかしてないかの違いとか(笑)

 

まさかね(笑)

 

 

とにかく今は毎日を大切に生きようね^^

 

そうしてりゃきっとそのうち・・・いいことあるさ

 

いつも心に太陽を(゚-゚)